おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪メランコリー - 梓みちよ

<<   作成日時 : 2018/01/11 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

決定版 梓みちよ 2018

ジャケットは「決定版 梓みちよ 2018」(2018年:レンタル入手)。

01 二人でお酒を
02 こんにちは赤ちゃん
03 恋はボッサ・ノバ
04 ヘイ・ポーラ
05 けんかでデイト
06 忘れな草をあなたに
07 ねむの木の子守歌
08 ポカン・ポカン
09 渚のセニョリーナ
10 愛はルフラン
11 夢で逢いましょう
12 淋しがりや
13 帰り来ぬ青春
14 あかいサルビア
15 よこがお
16 二日酔い
17 メランコリー
18 女達のキィ・ワード
19 銀河系まで飛んで行け
20 熱帯夜

梓みちよの歌では何といっても「二人でお酒を」(1974年/作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃)がお気に入りですが、彼女の粋でかっこいいその歌唱スタイルも好きです。

まとまった音源を持ってなかったので先日このアルバムを借りたのですが、それと前後して「新・BS日本のうた」で「メランコリー」(1976年/作詞:喜多条忠、作曲:吉田拓郎)が流れてました。その時誰が歌っていたか忘れましたが(汗)そう言えばこんな曲もあったなぁと...。それとなく聴いていたら「♬それでも乃木坂あたりでは...」から少々曲調が変わり、おぉ!これはもしや?と思って調べてみたらやはり作曲は吉田拓郎。具体的にどうこうは言えませんが吉田拓郎の特徴的な曲調、言ってみれば拓郎節なるものがありますよね。もとはキャンディーズの曲らしいですがここに収められた「銀河系まで飛んで行け!」(1978年/作詞:喜多條忠、作曲:吉田拓郎)にもそれは感じられます。また、そのキャンディーズで言えば「やさしい悪魔」(1977年/作詞:喜多條忠、作曲:吉田拓郎)もやはり吉田拓郎の曲としては印象深かったですね。振り付けも面白かったですけど(笑)。

粋な人が粋に歌う粋な曲「メランコリー」、いいですね!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪メランコリー - 梓みちよ おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる