おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆印象に残った音楽その2:♪玉置浩二

<<   作成日時 : 2017/12/28 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

玉置浩二

今年を振り返れば何てったって玉置浩二だった。昨年の邦楽では「悲しみの器」(2010年/歌唱:森進一、作詞、作曲:谷村新司)がずっと耳に残っていたのですが、今年の脳内リピートは玉置浩二の声(笑)。実際によく聴いてましたね。

私にとって玉置浩二はじわじわ来た人。

もちろん安全地帯での「ワインレッドの心」(1983年/作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二)からのファンですが、ただ「恋の予感」(1984年/作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二)もそうであるように陽水がらみということもあって当初からガッツリなファンというわけではなかったです。

その意識が変わったのは他者へ提供した楽曲を知って。

香西かおりの「無言坂」(1993年/作詞:市川睦月、作曲:玉置浩二)、「すき」(1997年/作詞:香西かおり、作曲:玉置浩二)はもちろんですが、何といっても石川ひとみの「恋」(1983年/作詞:岡田冨美子、作曲:玉置浩二)の存在が大きい。別にこの作品が彼の最高傑作とか言うことではなく、アイドル作品とは思えないような曲調で特に印象深かったのと、後になって彼の作品と知ったことでより一層メロディー・メイカー玉置浩二が印象付けられたんじゃないかと思います。大傑作、大ヒット作ではないけど自分にとってはエポックメイキングな作品というのは誰にも1曲や2曲あるんじゃないでしょうか。ここではもういいのでは?ってぐらい登場してますが(汗)私にとってこの「恋」はそんな作品なんですね。

さらに今年に入って大きな出合いが2つ。

ひとつ目が「Offer Music Box」(2012年)というセルフ・カバー・アルバム。知らない楽曲もあったせいか彼のオリジナル・アルバムの傑作という感じでしたね。ん〜これは最高だった!

ふたつ目がバラード集「Only You」(2002年)に収録されていた「行かないで」(1989年/作詞:松井五郎、作曲:玉置浩二)。今年を玉置浩二の年にした決定打がこれ。はじめて聴いたわけではないのになぜか見事にやられました(自分が少々枯れてきたせい?...汗)。絶品!

と言うわけで現在私の中では玉置浩二が絶好調(笑)。来年もしばらくはマイ・ブームが続きそう。それでは良いお年を〜!

「田園」x 4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆印象に残った音楽その2:♪玉置浩二 おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる