おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪リベルタンゴ - アストル・ピアソラ(演奏:ヨーヨー・マ)

<<   作成日時 : 2017/10/09 17:34   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

ヨーヨー・マ:プレイズ・ピアソラ/Soul Of The Tangoヨーヨー・マ:プレイズ・ピアソラ/Soul Of The Tango

ジャケットは「ヨーヨー・マ:プレイズ・ピアソラ/Soul Of The Tango」(録音:1997年)。

先々週になりますか久しぶりに「ららら♪クラシック」(Eテレ)を見たら何と!司会が代わってました(汗)。いきなりサンタナの「哀愁のヨーロッパ」が流れ小芝居がはじまったときはどうなるかと思いましたが(笑)テーマがチェロ(楽器特集チェロ:〜イケメンですけど、何か?〜)ということでそのまま鑑賞。チェロの特徴やら弾き方などその内容はなかなか興味深かったのですが、ちょいと面白かったのはあるヴィオラ奏者によればチェリストは自尊心の高い人が多いらしいってこと。

何でもチェリストは総じて人一倍楽器愛が強くチェロが最良の楽器であると思い込んでいるふしがあるとか。そこにはチェロという楽器の特性もあるようで音域が広く高低のバランスも良いのでどんな曲でも弾けちゃうところが関係してるみたい。確かに(普段クラシックを聴かないような)一般の人にもチェロの人気は高くチェロ用に編曲された名品も数多くあるなど少々思い上がってもしょうがないのかな?(汗)ま、実際のところどうかわかりませんが演奏仲間からそう言われるとそうかなぁ?と思っちゃいますよね(笑)。

番組ではチェロの印象的な作品がいくつか紹介されたのですがそのひとつがヨーヨー・マ演奏によるピアソラ作「リベルタンゴ」。この演奏は確かCMでも流れかなり話題になっていたと思いますが素晴らしい演奏ですよね。「リベルタンゴ」は作者本人の演奏など他にもいくつか聴きましたが個人的にはやはりヨーヨー・マのこの演奏がベスト!もちろんバンドネオン、ギターなども活躍しているのですが冒頭の素晴らしいチェロを聴くとあたかもチェロ(彼の)ために作られたように感じられ、もはやこの演奏をこの曲のスタンダードと呼びたくなるほど。チェロ好きにはたまらない演奏ですね!やっぱりチェリストの鼻が高くなるのはしょうがないかも(笑)。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私もヨーヨー・マさんのこの演奏、
とても好きです。
アストル・ピアソラ氏の哀愁漂う旋律、
なんともいえず心の琴線にふれるもの感じ…

ピアソラ氏の曲では
「オブリヴィオン」が大好きです。
Stjepan Hauserさんの演奏による本曲、
よろしければご観賞下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=Z0DQxI3KM7o&list=RDZ0DQxI3KM7o#t=0
小枝
2017/10/09 19:16
小枝さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

「オブリヴィオン」聴かせていただきました。はじめてでしたがいい曲ですね。 この曲もチェロがよく映えますね。 やっぱりチェロ好きだなぁ(笑)。

ピアソラ言えばチェロで聴いたことはないですが「アディオス・ノニーノ」も好きですよ。
カルロス
2017/10/09 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪リベルタンゴ - アストル・ピアソラ(演奏:ヨーヨー・マ) おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる