おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪Once It's Gotcha - Carlos Santana & Hiram Bullock

<<   作成日時 : 2017/07/16 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Hiram Bullockを調べてたら面白い動画を見つけたので...。

From All SidesFrom All Sides

ジャケットはHiram Bullockの「From All Sides」(1986年)。

これも爆買い中古です(笑)。

Hiram BullockもDavid Sanbornのバックで弾いているぐらいしか知らないのでリーダー・アルバムを聴くのは今回がはじめてですが、その前に思い出したことがひとつ。Hiram Bullockと言えば、以前Jaco Pastoriusも参加していたトリオによるライブ・アルバム「P.D.B.」(1989年)なるものを聴いたことがあります。確かディスク・ユニオンからリリースされていたものでモノラルの音質はあまりよくないものだったかと。ろくに聴かずに売ってしまって、正直、内容はよく覚えてないのですが、ん〜今なら絶対売らないのに〜!(汗)もったいなかったなぁ...。

このアルバム「From All Sides」ですがソウルフルというかファンキーなアルバムで楽しいですね。ギター・フュージョンと言えばLee Ritenour、Larry Carltonといったどちらかと言えばスマートな演奏を聴いていた身にとってはこの黒い感じは結構新鮮でした。特にKenny Kirklandのピアノもグ〜な「Window Shoppin'」やMichael Breckerのサックスが光る、そして本人のボーカルも冴える(笑)「Funky Broadway」は大いに気に入りましたね!

で、「Window Shoppin'」あたりの動画を探していたんですがなかなかいいものが見つからず、その代わりと言っちゃぁなんですが大好きなSantanaとの共演動画「Once It's Gotcha」を見つけたので載せときますね!

「Once It's Gotcha」はSantanaのアルバム「Freedom」(1987年)の中では最高に気に入っている曲。そのアルバムではBuddy Milesのヴォーカルも大いに魅力的ですが、このライブはヴォーカルなしで演ってます。これはCarlos Santana(g)とWayne Shorter(sax)の双頭バンドによる映像かな?とにかくPatrice Rushen(key)、Hiram Bullock(g)といった参加が興味深いところで、Wayne Shorterのソロが聴こえないのが何とも残念ですが(涙)なかなか見ものですよ!


Carlos Santana w/Hiram Bullock - Antibes'88

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪Once It's Gotcha - Carlos Santana & Hiram Bullock おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる