おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪Still In Love With You - Gary Moore(Thin Lizzy)

<<   作成日時 : 2017/05/04 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こりゃSantanaだ!

Memorial Collection
CD1CD2
01 Back On The Streets
02 Track Nine
03 Don't Believe A Word
04 Hurricane
05 Parisienne Walkways
06 Spanish Guitar
07 Don't Take Me For A Loser
08 Always Gonna Love You
09 Falling In Love With You
10 Hiroshima
11 Empty Rooms
12 Hold On To Love
13 Run For Cover
14 Out In The Fields
15 The Loner
16 After The War
17 Still Got The Blues
01 Summer Breeze *1
02 Still In Love With You *2
03 Put It This Way *3
04 Rivers *3
05 Desperado *3
06 Put It That Way *3
07 Fighting Talk *3
08 The Inquisition *3
09 Do Anything You Want To *2
10 Wating For An Alibi *2
11 Sarah *2
12 Killer *4
13 You *5
14 Sunset *4
15 The Blister *4
16 Dartmoore *4
 

*1:Dr.Strangely Strange
*2:Thin Lizzy
*3:Colosseum II
*4:Cozy Powell
*5:G-Force

ジャケットは、Gary Mooreの「Memorial Collection(2CD)」(2011年:レンタル入手)。

ほぼ「Still Got The Blues」(1990年)しか知らない(汗)Gary Mooreの「Memorial Collection」を聴いてみた!

これは日本企画のGary Moore追悼ベスト2枚組で、ソロ、Thin Lizzy、Colosseum II時代、そして、Cozy Powellのソロへの参加作品など、それなりに彼の音楽の歩みがわかるような内容になってます。いやぁ〜実に多彩な音楽を演ってたんですね。これによりGary Moore像、見事に崩壊しました(笑)。

Thin Lizzy時代の「Still In Love With You」はまるでSantana(汗)。Colosseum IIの「The Inquisition」はAl Di Meolaを彷彿とさせ、ソロでの「Hurricane」がAllan Holdsworth?

その他ソロ時代ではメロディアス・ハードと言えるBlack Sabbathのような「Don't Take Me For A Loser」やJourney風「Always Gonna Love You」、また羽生選手で有名なバラード「パリの散歩道(Parisienne Walkways)」、そして私の崩壊前のGary Mooreのイメージそのものだった「Still Got The Blues」などなど、とても1人のミュージシャンの音楽史とは思えないこのアルバムは何とも面白い〜!

それにしても「Still In Love With You」の後半のソロは初期のSantanaを聴いてるようでSantanaファンとしては妙に嬉しい(笑)。とにかくどれもが惚れ惚れするギターでもっと彼のアルバムを聴いてみたくなりました。最高!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪Still In Love With You - Gary Moore(Thin Lizzy) おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる